言葉は木の葉のようにひらひら降りゆき
夜風は何も知らずにただ、時を運ぶの

いつの日か来る終わりと
いつの日か辿り着く場所へ

夢へ逃げ続ける君は
闇夜になったあなたは
間違いだったなんて

それでもいつかはあなたの手で終わりにしてほしかったの

時間の流れる音、今はきこえない
いつかの花咲くような笑み、今は見えない

あなただけ、そう願った
僕だけのものにしたいのに

伝えること出来ずに独り
渡せなかった言葉、風に攫われ
遠く、遠くへ
その手を離した深い深い僕の罪

あなたの手で
過ちだらけの物語と
誰にも触れない、醒めない夢
終わりにしよう

他の誰かならば
どんな未来を紡ぐのだろう
願いはひとつ
いつかすべての涙が
笑顔に変わるような
優しい歌を

朝の光を
夢の終わりを

作詞 : Midori Nakahashi
作曲 : Tetsu Fujiki

Vocal : Haruka & Keiichiro

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。