四角い窓から見えた空はいつから色を無くしたんだろう
想い出も何もかも全て通り過ぎていく
ねぇ私だけなの?もう二人はずっと別の道を歩き始めてた
いつかの始まりへと

幾度となく伝え合い重ねてきた約束
儚く消えたの「果たせなくてごめんね」
優しい言葉一つさえあげられないままでも
いいのかな笑顔で、あの日のままで

小さな足では遠過ぎたの すぐ目の前にある幸せ
精一杯手を伸ばしたけど届かなくて
泣いて 解らなかったね、そう、気付けなかった
窓の向こう 空は遠く遠くの誰かの景色なんだ

大きくなったこの手でも掬(すく)えないものがある
君の眼に浮かぶ涙 淡い雪のよう
信じたもの何一つ残らず消えてしまう
何気ない一言で

自分を守って傷つけた大切な人に
ただひとつ「ごめんなさい」を伝えたい

この歌なら届くかな 本当の願い事
不器用な私、伝わるかな?
「好きだよ」って

心の中積もってく私だけの気持ちを
これからは二人で
繋いだ手から 「もう大丈夫だよ」伝えて

作詞 : Midori Nakahashi
作曲 : Tetsu Fujiki

Vocal : *Anco*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。